今シーズの読売ジャイアンツと来シーズンに於ける課題

2017 シーズンドラフトでは中央大学から鍬原投手を 1 位指名で獲得、そして中日からホー ムランキングのゲレーロを、西武からは野上投手を FA で獲得し 2018 年に向けたチーム作 りがスタートしました。 2018 年のキャンプ、オープン戦では岡本、吉川直輝と言った若手が成長しレギュラー獲り をアピール、前年不振だった山口俊、吉川と言った移籍 2 年目の選手も好調で順調なスタ ートを切り、今年こそはと大きな期待を持たせるシーズンとなる予定でした。 そして 2018 年のシーズンが開幕、序盤こそ好調だったものの中盤から後半はまさかの失 速で A クラスこそ維持したもののシーズン終了後には高橋由伸監督が辞任と言う結果に終 わってしまいました。 今年についてはやはり投手陣の不振がシーズンを通して大きく響きました、先発は菅野投 手は投手タイトルを総なめにし、エースに恥じない活躍を見せましたが、2 年連続 2 桁勝 利を記録し左腕のエースとして期待が大きかった田口投手がまさかの不振、山口俊投手は 1 年間先発ローテーションを守ったものの後半は失速、終盤はリリーフに配置転換される など、リリーフ陣は抑えを固定出来なかった事とセットアッパーとして期待された澤村、 上原両投手が大事な場面でよく打ち込まれるなど安定感を欠きました。 打撃陣は 1 番打者として大きく期待された陽岱鋼選手が故障で開幕早々に離脱、夏場に復 帰したもののレギュラーと呼ぶには及ばない程度の成績に終わり、4 番として期待された ゲレーロ選手もまさかの不振で夏場から終盤にかけて 2 軍暮らしという結果に終わりまし た。 その中で光明だったのが若手の台頭、まずはその代表格と言っても過言でもないのが岡本 和真選手、将来の 4 番候補と言われながら 3 年間活躍できずにいましたが今シーズン見事 に覚醒、史上最年少で打率 3 割、30 本塁打、100 打点を達成、日本を代表する強打者に成 長し夏場からはジャイアンツの 4 番打者として君臨しました。そして 2 年目の吉川直輝選 手、故障で後半を棒に振ってしまいましたがそれまでセカンドのレギュラーとして全試合 に出場しました。また田中選手や大城選手と言った新人選手も年間通して 1 軍として活躍 し、来シーズンへの望みが垣間見えました。 来シーズンへの課題ですがやはり若手の育成と投手陣の編成、補強するのも良いですがや はり生え抜きの若手を育成する事が急務であること、今シーズン崩壊した投手陣としては やはり田口投手の復活、中継ぎや抑えと言ったリリーフ陣の強化が重要な課題だと思いま す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です